機材紹介①α6000編

      2018/02/19

今日は、移転の節目の日ですので相棒の紹介をしたいと思います!買ってもう一年になるSONY α6000(カメラ)+ SONY selp18105g(レンズ)という構成です。なんでこの構成に決めたかはフィーリングです() なんの参考にもなんないですね…

>>α6000の魅力

でもせっかくなので、1年間の使用レポ的なのをしてみたいと思います!まずはスペック的な面から。Eマウントと呼ばれるレンズマウントを搭載したaps-cセンサのミラーレス一眼です。ちょっと休日に持ち出したりするには、カメラが比較的軽量なセンササイズで最高です。よりセンサの小さなマイクロフォーサーズという選択肢もあったのですが自分はSONY大好きなんで() 今になってレンズ類はマイクロフォーサーズの方が安価でいい感じもするんだけど、その当時は完全に何も考えてなかったです。でもEマウントには18105gという神レンズもあることだし…(精神安定) 後悔は全くないですね。

>>レンズ

レンズに関して言えば購入当初は、キットレンズの1650pでその後数ヶ月でシグマの30mmF1.4に乗り換え今に至っています。一年ちょっとでレンズ3本を試せたのは大きな収穫だったと思っています。(大きな出費だったのは内緒) どのレンズも、さして画質の不満はなかったのですが、やはり好みというのもあるなと痛感しました。やはり今持っている18105gは最高に好みの画が出ます。んで、シグマの方はかなりクセがあるなと感じたので手放しました。また作例を上げて比較もさせていただきたいと思います。

 - GEEK/ANNEX, カメラ