Amtrak初乗車‼︎

   

サンフランシスコ・ロサンゼルス間を59ドルで、夜間移動できると聞いて乗車することにしました。

乗車区間・方法

区間

ロサンゼルス・ユニオンステーション(19:15)→サンタバーバラ(21:51/22:00)→サンフランシスコ・トランスベイターミナル(5:45)というスケジュールで乗車します。が、この経路、曲者です。サンタバーバラからの約8時間はバスなんですね…

予約

どうも夜行で移動できるのは、この経路のみとのこと。バスで運転される区間も鉄道と扱いは同じで、日本で予約していきました。乗車の時間・区間を入力すればあとは道なりです。クレジットカードで決済すればチケットが送られてきました。

駅へ

ロサンゼルスの交通の中心、ユニオンステーションからの出発となります。アムトラックの駅は、Flyawayバス(空港からのバス)の発着する東側ではなく西側からの発着となります。こんな感じの歴史的建築物です。映画にもかなり使われているらしく、行った時は撮影が行われていました。なんか口パクで演技してるのって新鮮。

早めに晩ごはん

さっき示したような乗車時間なので、駅で食べていくことに。サブウェイやらクレープ屋さん、コンビニもあるので一応食べたいものは選べます。ちなみに、これまた歴史的な革張りのシートに乗車の2時間前から座れました。ここで食べることに。

ただし、係員が検札に回ってくるので注意。まあ2時間前だとちょっと早すぎるるかもなので普通は気にしなくても大丈夫だと思いますが(笑)

荷物

かなり大荷物での乗車だったので、持って入れるのか心配でした。尋ねてみたところ、サイズに関してはめっちゃアバウトでOKみたいでした※要確認 ただ、重さだけは確認を取られました。後述しますが、大抵の列車には車内に広い荷物置き場があるようです。

いよいよ乗車

乗る列車は、電光掲示板で表示されます。ここに、乗車するホームも示されました。列車番号を確認しておかないと、列車の行き先と自分の目的地が違う場合があるので注意です。私は15分ほど前にホームに行くことに。でけえ… この時の気分で1階席に乗車することに。今回の、Pacific Surflinerという列車は自由席でした。あと、階段のところに荷物置きがありました。ただ、中が異常に広かったので荷物を持って座りました。そして、このリクライニング。列車旅、本当におすすめです!

バスに乗り換え

サンタバーバラに着き、駅前からバスに乗り換えます。ただこのバス…ただの観光バスでした… 眠れなかった🤔まとめ

サンフランシスコには朝イチで着くし、色々発見はあったけどバス旅はノーセンキュー。列車はいいんだけどなぁ…まあサンフランシスコとロサンゼルスを列車で移動なんてなかなかしないですけどね(笑)

 - アメリカ散歩