ロサンゼルス1日目。

      2018/03/05

眠れなかった飛行機の疲れを残して、ロサンゼルス国際空港に降り立ちました。そして人の流れるまま入国審査場へ… 動線はすごくわかりやすいです。到着したトム・ブラッドレーターミナルにはJALとANAが発着してるらしく同時に来た人は大方日本人でした。まず謎の自動券売機みたいなのでパスポートを確認して顔写真の撮影、指紋採取が行われました。そこでのレシートを持ってカウンターへ。

入国審査

正直日本仕込みの英語のようなものしか話せないしアメリカ初めてだしでドッキドキでした。が、入国審査官の方がすっごいフランクで緊張が解けました。ありがとうアメリカ🇺🇸聞かれた内容はといえば仕事何やってんの?期間は?行先は?国内の移動手段は?の4点だけでした。相手もノンネイティブなのが分かってるしですごいわかりやすく話してくれました。これは謎なんですが不意に「お前ビットコインやってんの」とか聞かれて虚を突かれました(笑)無事入国機内で渡された“税間申告書”も特に聞かれることなくすんなりと出口まで来ました!

アメリカ放題とFLYAWAY

が、ここでまた問題が… ソフトバンクユーザーなら無料で携帯使い放題の“アメリカ放題”の対象であるSPRINTの電波が入らなかったんです。これは最高に焦りました。空港周辺は使えて欲しかった… 使う予定だったFLYAWAYバスの乗り場を調べることもできず5分ぐらい徘徊していました。乗り場は分かりやすい所にあったんですが(笑) ターミナル出てすぐのところだったんですが何しろ焦ったもので。バス停でもう1つ困ったことが… FLYAWAYバスって運賃どうやって払うんやろ…?と。周りに人もおらず聞けなかったのでとりあえず乗ったろ!ってなノリでした。まあ実際には信用乗車制の亜種みたいなもので、ダウンタウンに着いてから払う方式でした。ただ、クレジットカード払いのみなのには驚きました。それが分からず困惑している日本人らしき人もチラホラ…乗り換えUNION STATIONで乗り換えて宿泊地のリトルトーキョーを目指します。マップで見るとメトロゴールドラインで向かうのが良さそう。ここの地下鉄は信用乗車制なので乗るたびに自分で改札機にタッチが必要でした。また、紙の切符はなくてICカードを買う必要もあります。こういう思い切り、ほんと凄い。ってな感じでホームへ。驚きました…世界一とも言われる渋滞都市・ロサンゼルスで路面電車です…すげえ

リトルトーキョー

リトルトーキョーは全米一の日本人街として知られます。着いた日1日観光して見ましたが、なかなか濃いです(笑)まずは街中に…

二宮金次郎像!(なんで街角に…?)そして普通に紀伊国屋書店もありますし、何やらオタクショップも数軒ありました。ここだけ切り取れば全く日本です(笑)なかなか居心地の良い場所でした〜

全米日系人博物館

せっかく来たのでこちらにも寄ってみました。入館料は大人12ドルで17時まで。この博物館の展示、濃いです。淡々と差別され続けた日本人の歴史を物語っています。リトルトーキョーの成立も苦労の連続だったんだなと考えさせられました。すごく…勉強になりました。アクセスも良いですしおすすめです。まとめ1日目は、昼過ぎの到着ということもあり大層疲れました…

 - アメリカ散歩