JALの徒然。

      2018/05/10

関空から10時間のフライトでロサンゼルス国際空港に着きました。なんといってもエコノミーはしんどい… 時間が微妙で眠れない(17:45→3:50<現地10:50>) 結構時差ボケしんどいです。まあ折角JALを使ったのでまずはそっちをご紹介します。

JAL JL60便

2015年、約10年ぶりに復活した、毎日運航の関空⇄ロサンゼルス便です。時間の設定は置いといて、アメリカン航空のハブであるロスに直行できるという点で大阪人的には意義の大きい路線であります。乗り継ぎでメキシコ方面とかラスベガスとか各地へ行けるので。でも機材の面でいうとジャンボジェットの747<448席>を中型機である787<186席>に置き換えたというなんとも悲しい減量っぷり。更にこの787は中身が標準仕様。羽田便は全て改装後のものが使われているので関空便の扱いが見て取れます… 機材更新がされただけマシかもしれんな。閑話休題。搭乗です。

これは驚いたんですが搭乗スポットがかなり端の方にあるので、出国の手続きを済ませてこのAGTに乗ります。乗るっつったって一瞬で着きますが一回乗ると物販不毛のエリアに飛ばされてしまいます。悲しきかな。知識がないままに乗ったので結構待ちぼうけを食らいました…

いざ

乗り込むと一応はここ10年の機材なので新しく見えます。ただ設備は普通の機材でそれ以上でも以下でもない感じです。エコノミーだし言ってもしょうがない。でもソフトの部分はさすがJAL。なんの抜かりもないです。

機内食

これがこの記事の肝です。要約すると、JAL素晴らしい!何が良いってシンプルなメニューでツボをついてくるのが◎ 夜ごはんは親子丼を選択しました。唐揚げの親子丼ってあんまり見ないよね。味はもちろん◎食後にはハーゲンダッツが出ました。これは地味に嬉しい😃朝はミシュラン1つ星のお店のラーメンでした〜 「蔦」というお店で鶏油そばというメニューのようです。店も知らないし鶏肉の油そばって未体験ゾーンだったけどこれはハマる。

眠れるか

狭い機材ということもあってちょっと窮屈な座席です。恐らくシートピッチなどは国内線のエコノミーと同じような感じ。寝返り打てない・狭苦しいでロクに眠れませんでした…

まとめ

選んでよかった日系航空会社。食事はハズさないどころかパーフェクトな空の旅でした。(あとは機材さえなんとかなれば)

 - アメリカ散歩